後悔しない就活マインドセット

後悔しない就活マインドセット

私が就活生だった時は就活氷河期と呼ばれていました。そうすると私の大体の年齢がわかってしまいますね。

大抵の方は就活を経験するでしょう。あなたもそのうちの一人かもしれません。

もしこれから就活を受ける人であれば私が書いている意義がありますし、そうでない方でもこんな考えがあるんだとおもしろ半分に聞いてみてください。

好きな仕事を選ぶ権利

『どんな仕事に就こう』『どの業界に行こうか』『どの会社に応募しよう』こんなことを考えながら私は就活を進めていました。

でもやっていくうちに実際にやりたい仕事に就ける訳ではないことに気づいきます。

実際のところエントリーが通りそうなところ採用してくれそうな会社を選ぶしかなく、無力感を感じて結局は内定をもらった会社に就職して就活終了。

私はまさにその一人でした。

それこそすぐに後悔をして一年後には会社を辞めて転職活動を始めたのです。どんな人でも自分が求める仕事に就きたいと思うでしょう。

日本では好きな仕事に就いていいと言う自由が権利として保証されています。では好きな仕事を選ぶ権利とは具体的にどう言うことなのでしょうか?

自分で磨き鍛えるスキル

話の本質から言うと職業を選ぶ権利は与えられるものではなくて自ら鍛えるものです。

自分が本当にやりたい仕事どんな生活を望んでいるか思い描いてみてください。その目標にたどり着くために今の現実と理想の自分の能力との差を見極めます。

そして今目の前にある選択肢の中で必要なスキルを学ぶことができる職業を選び、なりたい自分になるために経験を積んでいきます。

結果一つの会社でずっと働くことかもしれませんし、または色々な会社を経験して身につけていくことによって成長するかもしれません。

そこではいかに就活活動をこなすか、転職活動をこなすかと言うノウハウが必要になってくるのです。

後悔しない就活とは?

会社に入るのは必要なスキルを鍛えるためにと言う話を先ほどしました。

『会社のために働く時代は終わった』と言われていますが今だに将来のことを考えるときに会社中心考え方に偏りがちです。内定をもらうこと自体が目標になってしまうのです。

『理想の仕事に就く』この目標のため、いかに仕事を選択していくかが仕事選びの基本となるのです。

仕事で疲れる本当の理由

今就いている仕事は疲れますか?

毎日朝6時に起きて通勤電車に乗り8時には着き、仕事が終わってから家に着くのが21時ごろ。

このころにはクタクタになって何もやる気が起きず気づいたら同じような毎日を過ごしている人も多いのではないでしょうか。

実は仕事で疲れる理由は仕事量が多いからではなく、仕事がつまらないからなんです!私も以前は営業職に着き朝から晩まで会社勤め、気づいたときには生産性のない日を繰り返し一年間が過ぎていました。

別に営業職が好きでもなかったんです。今は確かに忙しいですが、1日の終わりに感じるものは達成感です。

自分のゴールを就活の出発点に

初めっからやりたいことをやることはおそらくほとんどの人にとってほぼほぼ不可能であることは確かです。

今現在もほとんどの人が自分の人生に不満を抱えながら生きています。

しかしこれだけは確実に言えます。

自分が将来どんな仕事に就きたいか、どんな将来を描きたいかそれに沿って人生を組み立てていくことは万人が可能なことです。

なぜならやりたいことしかやらないのは結果を求めるだけであるのに対して、理想的な人生を求めることは方法を選択することだからです。

今回は就活で失敗しないためのマインドセットについてお話ししました。

機会があれば、じゃあ具体的にどんな方法で理想の就活をこなせるのかをお話しできればなと思っています。