SNSで注意する点、お子様にも教えて欲しい危険性

SNSで注意する点、お子様にも教えて欲しい危険性

Twitter、Instagram、Facebookは、もう皆さんお馴染みの交流ツールとしてご利用になっていると思います。私も同じく、愛用しています。

しかしながら、危険性、注意すべき点もあります。特に、お子様にスマホを持たせている親御様にはきちんと防犯対策も教えていただきたいと思います。

基本的に位置情報は、オフにする

可愛い写真を撮ってアップするのは、もはや「インスタ映え」という流行語まで生み出し、主流になっていますね。

但し、ご自身の顔を複数載せてしまうと異性から恋愛対象として見られる場合もある訳です。

SNS上で出会って恋愛まで発展したというケースもありますから一概に断定は出来ませんが、もし、位置情報をオンにしていた場合どうなるか。

好意を持っている訳でも無い異性にご自身の居場所をある程度まで教えてしまう事になるのです。

旅行先での写真なら良いと思います。ですが、日常的に写真をアップする人は位置情報のオフになっているか再確認して下さい。

二段階認証を活用しよう

今は、二段階認証が出来るようになりましたね。

これは、不正に他者からのアクセスを阻止して、個人情報を守るスマホについている機能です。

たまに、Twitterが他者に乗っ取られたり、不正にアクセスされるといった被害もありますから、念には念を入れる姿勢が良いと思います。

自分は、大丈夫!という時代では無いのです。

特に、未成年者は危機管理が甘いように思われ、見ていると心配になってしまう時があります。

企業と違って、個人的なプライベート空間を不特定多数の人に見せるというリスクも理解した上で、SNSをするべきだと思っています。

鍵をかける機能を活用するべき

各SNSには、特定の人達だけに共有するという機能があります。

特殊な利用方法の人は鍵の必要は無いでしょう。例えば、商品を紹介する等、不特定多数の人に見てもらわなければ意味が無い人などです。

ただ、個人的な趣味の利用ならば鍵をかけリクエストが来た時に承認する、しないを決められる形にしておくと、SNSでのトラブル防止になるのではないでしょうか。

現代社会において、実際に会っていない人ともネットを通してトラブルが起きてしまうようになりました。

知らない人が自分の画像を使用していたり、数え切れないトラブルがあるのも事実なのです。

悪用する人が悪いのは当然ですが、自身でも出来る対策を怠らないで、SNSを楽しみましょう。