株とは株券のことで、その価格、株価は変動する

株とは株券のことで、その価格、株価は変動する

株とは「株式会社」が「出資者」に対して発行する証券のことです。

よって、株式会社というのは経営者が出資者ではなく、経営者と出資者が別々ということになります。

例えば、誰かが起業したいと考え、会社を立ち上げ運営していきたいと思ったとしましょう。しかし、当然ながら資金が必要となるので、経営資金を集めるために出資者を募ります。

一方で、ある程度のお金があって運用したいと考える人がいます。そして、出資を募っている者に資金を提供する、そうすると資金を提供してもらった運営側は、その出資に応じた証券を出資者に発行します。

その証券が「株券」で、出資に応じた株券を所持している出資者を「株主」と言います。

なぜ出資する?

多くの場合は、お金を運用したいからです。当然、ただお金を出しているわけではなくリターンを期待しているということです。

出資した会社が利益を出せば、株券の価値が上がります。その利益を出した会社の株券を持っている株主に還元されるということですね。

しかし、残念ながら逆のこともありえます。出資した会社が損失してしまったら、その会社の株券の価値も下がってしまうというリスクもあるのです。

このような出資を、一般的に投資と言っています。

投資とは?

株に限らず、将来出した金額以上のお金が返ってくることを期待した出資、ということになるでしょうか。

不動産なら、将来的に価値が上がりそうな土地や建物に出資する、株なら、これから業績が伸びそうな企業を予測して出資する、といったところ。

出資額以上のリターンを得るためお金を出す、というのが投資の考え方です。

株価の動き

株の価格を株価と言いますが、投資して株を手に入れた時の株価はずっと同じではありません。

先ほど、業績の伸びそうな企業を予測、と述べましたが、業績などにより株価は変動します。

株価変動の要因は様々ですが、需要と供給による変動が主な要因と言ってもいいと思います。

一般的に需要が供給より多ければ株価は上がり、需要が供給より少なければ株価は下がります。

まぁ、株に限らず、何でもそうですね。

野菜とかも、自然災害などで例年より収穫できなかったけど、買いたい人は例年と変わらなければ、価格は高騰します。

収穫が少ない=供給が少ない、に対して、買いたい人=需要は多いわけですから。逆に豊作なんかの時は、供給のほうが多くなるので安くなりますよね。

株も同じで、株を買いたい人と売りたい人のバランス、需要と供給のバランスで変動します。

株を買いたい人が多ければ株価は上昇、株を売りたい人が多ければ株価は下落するわけです。

じゃあ、その買いたい人と売りたい人は何で変化するのかというと、いろいろ要因はありますが、主に業績ということです。

例えば、持っている株の会社の悪いニュースが報道されたら、容易に業績が下がるな、と予測できます。そうなると、株価が下がるな、と予測し株を売る人が多くなる、という感じ。

だいたいこのように株価は変わっていきます。実際はもっと様々な要因があるのですが、業績、需要と供給はかなり大きな要因だと思います。