自動車保険について

自動車保険について

自動車保険について述べていきたいと思います。

強制保険と任意保険

自動車保険には、大きく分けて2種類。強制保険と任意保険です。

強制保険は読んで字のごとく、車の保有に対し強制的に加入しなければ保険。法律で決まっていますね。自賠責保険と言います。

自賠責保険は車検時に必須のため必然的に加入となり、仮に無車検無保険で自動車を稼働すると結構な行政処分を食らいます。

対して任意保険は、掛けても掛けなくても良い、加入は任意でという自動車保険となります。

とはいえ、およそ9割の方が加入しているといわれています。ちなみに都道府県によって多少の偏りもあって、沖縄などは8割程度。

まあ、ほとんどのドライバーが任意保険に加入しているということです。大きな事故などの場合、強制保険だけでは補償が不十分ですからね。

自賠責保険では上限額が決まっていて、重大な事故でも最低限の補償になってしまいます。なので、多くの方が任意保険に加入しているのが現状です。

というか、自動車保険で大事なのは、むしろ任意保険。金額は安くないですが、自分を守るためであり、ドライバーとしてのマナーでもあります。

任意保険のすすめ

少数派ながら任意保険に未加入の方もいらっしゃいますが、その理由の一つとして車の使用率が低いケース。

例えば、週末しか使わない、もしくは遠出の時のみ、とかですね。

当然ながら、自動車の使用頻度が低ければ事故の確率も低いのは当たり前、という考えから「そのために毎月保険料を支払うのは勿体ない」と思うわけです。

あとは「私は事故を起こさない」という考え。つまり自身は事故を起こさないという過信から加入しないというケースもあるそうです。

しかし、事故はどんなに運転技術が高くとも起こり得ます。いつ起こるのかわからないのです。誰だって事故を起こすつもりはありません。ですが、起こってしまうのが事故なのです。

自動車の使用頻度にかかわらず、どんなに安全運転に自信があっても任意保険には参加しておくべきだと思います。

任意保険は「宝の持ち腐れ」と考える人もいるそうですが、本当に「万が一」というのはあり得ますからね。事故を起こしてしまったら、全てを自身でまかなうということを認識しましょう。

重大な事故の場合、100万や200万どころの話ではなく、億単位の損害賠償の事例も珍しくないそうです。こうなったら任意保険未加入の場合、個人ではお手上げです。

もちろん、自分だけではなく家族にも迷惑がかかるし、相手にも迷惑です。ドライバーとしてのマナーと言ったのは、そういうことですね。

自動車を運転するのであれば、任意保険に加入することをおすすめします。

低脂質のシニア犬用ドッグフード。高品質です。