今年は誰と行く?花火大会へ出かけよう!

今年は誰と行く?花火大会へ出かけよう!

夏の風物詩とも言える花火。今年も全国で様々な花火大会の開催が予定されています。

花火大会が開催されるピークは?関東のおすすめの花火大会はどこ?そんな疑問にお答えします。

花火大会が開催されるピークは?

花火大会といえば7,8月の夏真っただ中にピークを迎えることが多いイメージですが、実際はいつ頃開催されるのでしょうか?
見ごろを調べてみると、やはり7月初旬から開催され始め、8月にはピークを迎えています。特にお盆期間には毎日どこかで花火大会が開催されています。

8月中旬からは徐々に開催される頻度が減りはじめ、9月にはほとんど終わってしまっているようです。やはり人の集まりやすいお盆時期が1番のピークのようですね。

ちなみに北海道の『洞爺湖ロングラン花火大会』ではなんと4/28~10/31までの約半年間、毎日450発もの花火が打ち上げられているそうですよ。

関東のおススメのスポットはどこ?

関東のおススメの花火大会はなんといっても有名な『隅田川花火大会』です。

東京スカイツリーと並んで打ち上げられる大玉の花火は絶景で、一度は見ておきたい花火大会です。テレビでも中継されるため、行きたいけど人混みが…という方でもお家でゆっくりと鑑賞できるのがいいですね。

また、有名どころでは千葉県の『木更津港まつり花火大会』もおススメ。

関東最大級と言われている特大のスターマインや尺玉が連発で打ち上げらる様子がなんとも圧巻です。

この特大のスターマインを近くで観るのも大迫力でいいですが、少し離れた東京湾アクアラインの海ほたるから眺めるのも一興ですよ。

有名な花火大会は混雑するからイヤ、という方には『八王子花火大会』はいかがでしょう。

前述した『隅田川花火大会』と同日に行われる花火大会なので来場者数も平均約8万人と、例年70万人超を記録する『隅田川花火大会』と比べると小規模の花火大会となっています。

しかし、小規模だからと侮ることなかれ!約3000発の花火が咲き乱れ、フィナーレにはスターマインの乱れ打ちが観客を圧倒します。

これを観たいがために毎年この花火大会に通う人も。

花火大会が行われる場所もダイワハウススタジアム八王子という野球場の中で行われるので、花火を打ち上げている様子までもしっかり観ることができます。

まとめ

7,8月は学生さんの夏休みやお盆休みもあり、様々な場所で花火大会が行われています。

何万発もの花火が打ち上げられるド派手な花火大会を間近で観て楽しむのはもちろん、家族や友達と一緒にBBQをしながら、恋人とデートをしながら遠くでゆっくりと花火を楽しむのもいいですね。

皆さんは今年の花火大会、どのように過ごすのでしょうか。